QUICK Money World(マネーワールド)

個人投資の未来を共創する
QUICKの金融情報プラットフォーム

ホーム 記事・ニュース 資産形成に「必要性感じる」、2年連続で5割超【個人の資産形成に関する意識調査①】
この記事は最終更新から1年以上経過しております。

資産形成に「必要性感じる」、2年連続で5割超【個人の資産形成に関する意識調査①】

QUICK資産運用研究所は2020年11月、全国の20~74歳の個人を対象に「個人の資産形成に関する意識調査」を実施した。個人に資産形成の取り組み状況などを聞く調査は16年に始め、今回で5回目となる。日経リサーチを通じたインターネット経由でのアンケート調査で、5075人から回答を得た。

■資産形成「必要性を感じる」が5割超に 2年連続

資産形成・資産運用の必要性を感じるか質問したところ、「非常に必要性を感じる」と「やや必要性を感じる」の回答が合計54.2%と半数以上を占めた。2年連続で5割を超え、比較可能な17年以降で増加傾向にある。

年代別に見ると、20~50代の現役世代を中心に必要性を感じる人の割合が高い。19年に「老後2000万円」問題が大きな話題となったほか、少額投資非課税制度(NISA)や個人型確定拠出年金(イデコ)など税優遇制度の浸透、新型コロナウイルス禍による働き方の変化もあって、将来の備えに対する意識が強まっている。

■「老後不安」で意識高まる 「銀行に預けても増えない」

資産形成・資産運用に必要性を感じると回答した人に理由をたずねたところ(複数回答可)、「老後不安、公的年金だけでは足りないと感じるから」が83.3%で首位、「銀行に預けていても増えないから」が54.1%と続いた。

必要性を感じない理由では、「そもそも資産形成について考えたことがない」「リスクを取りたくないから」といった回答が目立った。

<調査概要> 
--------------------------------------------------------------------------------
調査期間 2020年11月27日(金)~30日(月)
調査対象 全国の20~74歳の個人
     国勢調査の結果に準じて性別×年代別×地域別(8区分)の構成比率を割付け
回答者数 5075人
調査方法 インターネット調査
調査会社 日経リサーチ
--------------------------------------------------------------------------------

=続く

※「個人の資産形成に関する意識調査」を引用する場合、出所を「QUICK資産運用研究所」と明示してください。

(QUICK資産運用研究所)


投資経験 10年以上
投資商品

0/500
 

2021/4/2 11:11

コメント
0/500
 
投資経験 10年以上
投資商品

0/500
 

2021/2/3 08:47

コメント
0/500
 
投資経験 3~10年
投資商品

0/500
 

2021/1/26 19:27

コメント
0/500
 

ニュース

ニュースがありません。

銘柄名・銘柄コード・キーワードから探す

株式ランキング

コード/銘柄名 株価/前日比率
1
9,332
+3.82%
2
3,365
+3.85%
3
2,827
-2.7%
4
9101
郵船
3,037
+3.75%
5
57,140
-2.22%
コード/銘柄名 株価/前日比率
1
4541
日医工
205
+32.25%
2
3985
テモナ
340
+30.76%
3
1,604
+23%
4
5380
新東
3,380
+17.36%
5
731
+13.86%
コード/銘柄名 株価/前日比率
1
3
-25%
2
7273
イクヨ
2,580
-21.34%
3
1,380
-10.96%
4
9
-10%
5
3446
JTECCORP
1,940
-9.09%
コード/銘柄名 株価/前日比率
1
25,135
-0.33%
2
14,665
-0.44%
3
9,332
+3.82%
4
5,952
-0.11%
5
9101
郵船
3,037
+3.75%
対象のクリップが削除または非公開になりました
閉じる
エラーが発生しました。お手数ですが、時間をおいて再度クリックをお願いします。
閉じる