QUICK Money World(マネーワールド)

個人投資の未来を共創する
QUICKの金融情報プラットフォーム

ホーム 個別株式・株価検索 santec(6777)の株価
6777
JASDAQスタンダード
電気機器
santec
最終更新 2021/1/28 15:00 ※20分遅れで更新
2,009
-34 (-1.664%)
【光通信用部品の製造販売】光フィルターなど独自技術に強み。
QUICKレーティング  
QUICKコンセンサス  
売上高予想+14.4%
経常利益予想+27.1%

santecの株価情報TOP

注目のクリップ

サービス業

バリューコマース(2491)の決算

最終更新 2021/1/27 15:00 ※20分遅れで更新
3,260 +115 (+3.657%)

昨日の決算発表のうち「おっ」と思った銘柄。と言っても、Vコマース社全体の決算に余り興味は無い(ホルダーさん、ごめん)。 注目はセグメント売上のマーケティングソリューション事業。アフェリエイト型のWeb広告がメインである。 一般に広告業界の売上(広告費)は景気の動向と正の相関があり、遅行指数の性質が強いと言われる。先行指数は予測の意味合いが強いが、逆に遅行指数は後から景気の転換点を確認できる指標なのだ。 では、当セグメントの四半期単位での売上を見てみよう。 第1四半期(1-3月)は約46億円(前年比+3%) 第2四半期(4-6月)は約34億円(〃 -20%) 第3四半期(7-9月)は約31億円(〃 -24%) 第4四半期(10-12月)は約39億円(〃 -7%) 第2四半期ではコロナ過の影響が景気に直撃したようだ。第3四半期も回復するどころか更なる落ち込みが見られたが、第4四半期はマイナス幅が急速に減少した。よって、21年終わりにかけて景気は回復傾向にシフトしたと、私は捉える! …1月の緊急事態宣言が無ければの話。次の期もウォッチして、もう少し見極めが必要かな。 #決算発表

2021/1/28 01:44

2021/1/28 15:23

海外投資家が3週ぶりの売り越し、個人は買い越し─投資主体別動向(1/18~1/22)

東京証券取引所が28日発表した1/18~1/22の投資主体別売買動向(東証、名証2市場の合計)によると、海外投資家は現物株を3週ぶりに売り越した。売り越し金額は1340億円だった。前の週は2614億円の買い越しとなってい […]
東京証券取引所が28日発表した1/18~1/22の投資主体別売買動向(東証、名証2市場の合計)によると、海外投資家は現物株を3週ぶりに売り越した。売り越し金額は1340億円だった。前の週は2614億円の買い越しとなってい […]

通常なら、海外投資家の売買動向と、株価の方向は一致するのですが、該当週は違いました。 日経平均株価は若干ですが上昇し、海外投資家が売り越し、個人投資家が買い越しでした。 緊急事態宣言によって、ステイホームのサラリーマン投資家が参加しているのかも知れませんね。

2021/1/28 16:09

銘柄名・銘柄コード・キーワードで探す

対象のクリップが削除または非公開になりました
閉じる
エラーが発生しました。お手数ですが、時間をおいて再度クリックをお願いします。
閉じる